平日3人週末4人

〜妻・2人の野球少年と単身赴任サラリーマンの生活記〜

意外と簡単・知識ゼロでドライブレコーダーを取り付けてみました ~ セルスター CSD-790FHG

家族からの強い要望でドライブレコーダーを入手しました。

我が家は、ふるさと納税でセルスターのドライブレコーダーを注文。

 

ふるさと納税注文から1か月くらいでドライブレコーダーが届きました。

さて、どうやって取り付けるか悩むところです。

 

カー用品店に持ち込むと、取り付け工賃の相場は1万円。

時間もかかるし・・・

 

悩んだ結果、自分で取り付けることにしました。

 

”簡単かつ仕上がりはそこそこ”を目指して(重要!)、

ドライブレコーダーを取り付けて見たところ、意外と簡単でした。

 

 

ドライブレコーダー紹介

f:id:tryit:20200927091124j:image
f:id:tryit:20200927091142j:image
f:id:tryit:20200927091127j:image
f:id:tryit:20200927091147j:image
f:id:tryit:20200927091138j:image
f:id:tryit:20200927091153j:image
f:id:tryit:20200927091131j:image
f:id:tryit:20200927091134j:image

さんざん調べて入手したのはセルスターのドライブレコーダー(CELLSTAR CSD-790FHG)

機能は十分で、画質もコスパも良いと思います。

 

microSDカードは最初から本体に挿入されていました。

 

設置場所を決める

f:id:tryit:20200927091300j:image

フロントはバックミラーの左に決めました。仮止めして、付属の電源コードを差し込みます。

シガーライターソケットに電源コードを接続し、車のエンジンをかけて、ちゃんとドライブレコーダーが動作するか確認します。

 

f:id:tryit:20200927092838j:image

 リアカメラは真ん中の上の方で。こちらも仮止めします。

 

電源コード配置

f:id:tryit:20200927091815j:image

ガラスの上部と内張りの隙間にコードを埋めていきます。

左側のピラーカバーまで埋めていきます。


f:id:tryit:20200927091819j:image

左側のピラーカバーを外して、カバーの内側にコードを埋めます。

ピラーカバーは簡単に外せます。

 

f:id:tryit:20200927091811j:image
f:id:tryit:20200927091832j:image

さらにパッキンの内側にコードを埋めていきます。

f:id:tryit:20200927091836j:image
f:id:tryit:20200927091808j:image

このまま下まで埋めていきます。



f:id:tryit:20200927091804j:image

グローブボックスは、奥のストッパー部分が簡単に外せます。

ストッパー部分の後ろ側にコードを通します。


f:id:tryit:20200927091839j:image

グローブボックスの右端の下からコード出して、シガーライターソケットまで配線します。

後でコードを整理するとして、いったん終了。

 

車が汚い・・・

子供が小さいと、こんなものです(笑)

 

リアカメラ接続コード配置

f:id:tryit:20200927092409j:image
f:id:tryit:20200927092414j:image

電源コードと同じようにガラスの上部と内張りの隙間にコードを埋めていきます。


f:id:tryit:20200927092417j:image

同じように左側のピラーカバーを外して、その中にコードを埋めます。

 

f:id:tryit:20200927092655j:image

さらに助手席の窓の上部のパッキンの間にコードを入れていきます。


f:id:tryit:20200927092703j:image

助手席の窓の後ろ(ピラー部分)まで埋めました。


f:id:tryit:20200927092720j:image
f:id:tryit:20200927092711j:image

真ん中のピラーカバーは簡単に外せなかったので、ピラーカバー上部の僅かな隙間にコードを埋めていきます。


f:id:tryit:20200927092732j:image

2列目の窓の上部も同様に。


f:id:tryit:20200927092715j:image

こちらのピラー部分も同様にコードを埋めていきます。


f:id:tryit:20200927092650j:image
f:id:tryit:20200927092707j:image

3列目の上部も同様に。


f:id:tryit:20200927092659j:image

後ろのピラーです。

同様に埋めていきます。


f:id:tryit:20200927092647j:image

後ろまで到達しました。

この後、後ろの真ん中までパッキンの間にコードを埋めていきます。

 

f:id:tryit:20200927115630j:image

本格的に設置する場合は上の写真のゴム管の中にコードを通すとスッキリ仕上がると思います・・・が、

私は知識ゼロの初心者で、”簡単かつそこそこの仕上がり”を目指しているので、より簡単な方法で。

  

f:id:tryit:20200927093034j:image

写真の上部のカバーを外します。簡単に外せます。


f:id:tryit:20200927093038j:image

上部のカバーを外した状態です。

後ろの真ん中までコードをパッキンの間に埋めました。


f:id:tryit:20200927093031j:image

余分なコードをビニールタイ(結束バンド)などでまとめます。

もともとコードをまとめてあったビニールタイで十分です。


f:id:tryit:20200927093046j:image

余分なコードを上部カバーの中の空いている隙間に入れます。

f:id:tryit:20200927093042j:image

コードがおさまりました。


f:id:tryit:20200927093051j:image

上部のカバーを取り付けます。

スッキリしました。

 

 f:id:tryit:20200927093415j:image


f:id:tryit:20200927093403j:image

コードの配線は完成です。

 

コードの整理

f:id:tryit:20200927093424j:image
f:id:tryit:20200927093711j:image

付属のコードクリップで配線を綺麗に処理します。

  

カメラ固定の準備

f:id:tryit:20200927093410j:image

リアガラスには熱線があり、

熱線に両面テープが重ならないように注意しなければいけません。

熱線に両面テープが重なっていると、ドライブレコーダーを剥がす際に熱線が切れてしまうかも知れません。

 

 f:id:tryit:20200927093359j:image

付属の両面テープでは熱線を跨いでしまうので、両面テープに溝を作りました。

これで準備完了です。

 

カメラ固定

いよいよカメラ固定です。

付属のクリーニングシートでガラス面を綺麗にしてから貼りつけていきます。

 

f:id:tryit:20200927093701j:image
熱線に気を取られて、ベースが少し曲がってしまいました😭

多少曲がって貼り付けたとしても、カメラの角度は調整できるので、本人が気にしなければ全く問題ありません。

ご安心を!

 

f:id:tryit:20200927093723j:image
トランクを開けた状態です。

綺麗におさまってます。


フロントカメラとリアカメラを固定して完成です!

 

試運転

f:id:tryit:20201002144745j:image
f:id:tryit:20201002144748j:image

※運転手ではなく、助手席の同乗者が撮影しております。 

しっかり動作しています。

前後ともバッチリ録画されていて、まったく問題ありません。

録画の画質も綺麗です。

 

 なんだかんだ試運転も含めて2時間くらいかかってしまいましたが、手際良く設置すれば1時間くらいで取り付ける事が出来たかなと思います。

 

ちなみに、パーキングモードはバッテリーの負担になるので設定していません。

また、私の車はノアで、車種によって取り付け方が異なるかと思います。

  

ドライブレコーダーの操作

f:id:tryit:20201002144815j:image

f:id:tryit:20201002144819j:image

このドライブレコーダーはタッチ画面で、感覚的に操作できます。

 

画面の映像のフロントとリアの切り替えは、画面を3秒長押しで切り替える事ができます。

再生する場合も同じく3秒長押しで切り替えることが出来ます。

その他の操作はタッチパネルを触っていろいろと試しているうちに理解出来るかなと思います。

  

まとめ

十分な機能がついていて、画質もコスパも良いと思います。

とても満足です。

そして、意外と簡単に取り付けることができるので、ぜひご自分で取り付けてみてください!

 

 

www.tryit.tokyo