平日3人週末4人

〜妻・2人の野球少年と単身赴任サラリーマンの生活記〜

小6男子がマヨネーズを作る!〜 夏休みの自由研究

f:id:tryit:20200820190550j:image

 

〜もはや 男子あるある〜

小6男子が自由研究でマヨネーズを作る事になりました。

 

 

①作り方を調べる

「携帯を貸して」という子供に、ちゃんとPCで調べるように言って、PCで調べる事に。

 

いろんなサイトで調べるのかと思ったら、

ネットの検索結果の中から1つのサイトだけを見て、材料をメモして終わり。

 

3分後には関係ないYouTubeを見始める。

 

まぁ、これも経験。

 

 

 

②準備する 

材料は全て家にあるので、書いてあるものを準備していく。

 

 

 

卵を割ったら殻まで入る。

驚きません。

 

 

計量スプーンを台に置いて大さじを計ろうとする息子

母 「何やってるの、スプーンは手に持って計るの」

 

このあたりから、母は不機嫌。

 

 

 

酢が大さじから溢れている。

母 「大さじ1杯ってちゃんと計っていれるんだよ、大さじ2杯分くらい入っちゃってるじゃない」

 

 

 

小さじ1杯を小さじ山盛り1杯にする息子に、

母 「小さじ1杯って、すりきりだよ」

息子 「それは無理」

 

 

 

 

息子 「砂糖少々って、小さじ1杯?」

 

母の不機嫌はピークに。

 

 

 

③作る

いよいよ混ぜます。

 

母 「油は少しずつだよ、どのサイトにも書いてあったでしょ?」

息子 「そうなの〜?知らないよ〜」

 

これは予想通り。

材料をメモして満足してたので。

 

 

子供は楽しそうだけど、母は見てられない様子。

 

 

 

そして、そこらじゅうに材料が飛び散ってます。

小6男子が何かを作るとなれば避けられない事です。

 

 

 

④味見

f:id:tryit:20200820190034j:image

母 「油の味がすごい。油の量が間違ってない?」

息子 「うげぇ」

 

父親と弟は出来上がりを知りません。

 

 

 

⑤食べる

夕食はお好み焼き!

 

作った本人と母はマヨネーズを食べず、父親と弟だけ食べました。

 

自分が作った料理は美味しくないと言いますが、マヨネーズ作りで満足したのか、どこかで責任を感じて味に批判的になっているのか。

 

 

一方、父親と弟はお兄ちゃんが作ったマヨネーズっていうだけで美味しい。

 

全然いけます。

 

 

 

⑥後片付け

放置。

これも予想の範囲内。

 

 

という事で、無事に小6男子の自由研究が終わりました。

こんなのでいいのか?(笑)

 

〜自由研究の結論〜

小6男子がキッチンに入ると母のストレスが溜まる

 

というか、母にとって子供の夏休み自体がストレスですね。